大阪で競売になる条件とは

大阪で住宅ローンが払えないと、どのタイミングで不動産が競売にかかるのかご存知でしょうか?

住宅ローンの滞納が1か月から2か月の間は、電話か手紙で督促が行われます。

滞納しても、三か月以内なら一括請求や競売にすぐにかかるわけではありません。

まずは滞納したらすぐに、担当者と返済についてのリスケジュールを相談しましょう。

個人民事再生法の、住宅ローン特則を利用して減額を相談する方法もありますが、これには弁護士か司法書士に依頼が必要です。

住宅ローンの滞納期間が、早い金融機関だと三か月で通常では半年で期限の利益の喪失となり、金融機関から一括返済を求められます。

そしてこの状態になると、保証会社に権利が移ります。

このようなケースが、都市部を中心に大阪でも増えています。

滞納になった際に注意が必要なのは、金融機関にたいして誠意のある対応をする事です。

例え一か月でも滞納していたり、滞納になりそうな時には必ず連絡をとり状況を説明しましょう。

競売と公売とどのような違いがあるのかご存知でしょうか?

競売とは、民間の金融機関への返済が滞納している際に行われ、公売は国税など行政に対する税金を滞納した際に行われる理解すると良いでしょう。

この二つの違いは、競売が債権者が裁判所に申し立てて行うのに対して、公売は国税局や税務署が直接執行できるという事です。

また、この際に注意が必要なのは税金の滞納は免除がないので、例え自己破産したとしてもなくなる事がありません。

まずは、住宅ローンを滞納しているのかそれとも税金を滞納しているのか確認しましょう。

大阪で競売にならないように、支払いの交渉をするにしても、滞納している内容や期間によって交渉先が異なります。

必要に応じて、大阪の任意売却の専門家に相談をするのも良いでしょう。

これらについては、このサイトが参考になります。

大阪での競売方法

差し押さえになる連絡が届く前に、滞納している先に全て連絡をし、まずはどのような対策が可能なのか調べましょう。